コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内存真 おおこうち そんしん

1件 の用語解説(大河内存真の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内存真 おおこうち-そんしん

1796-1883 江戸時代後期の医師,本草家。
寛政8年8月12日生まれ。伊藤圭介の兄。尾張(おわり)名古屋藩医浅井貞庵にまなび同藩奥医師となる。弟の圭介とともに本草家の水谷豊文に師事,研究団体「甞百(しょうひゃく)社」をつくった。明治16年5月23日死去。88歳。本姓は西山。名は重敦,重徳。号は恒庵,東郭,八松など。著作に「灌園余録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大河内存真の関連キーワードアメリカ美術アルマン条約電気事業エカチェリーナドニエプロペトロフスクエカテリーナ万葉集略解ウィンチェスタープチャーチンメチニコフ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone