コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内存真 おおこうち そんしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内存真 おおこうち-そんしん

1796-1883 江戸時代後期の医師,本草家。
寛政8年8月12日生まれ。伊藤圭介の兄。尾張(おわり)名古屋藩医浅井貞庵にまなび同藩奥医師となる。弟の圭介とともに本草家の水谷豊文に師事,研究団体「甞百(しょうひゃく)社」をつくった。明治16年5月23日死去。88歳。本姓は西山。名は重敦,重徳。号は恒庵,東郭,八松など。著作に「灌園余録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

大河内存真 (おおこうちそんしん)

生年月日:1796年8月12日
江戸時代末期;明治時代の漢方医;本草学者
1883年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

大河内存真の関連キーワード生年月日大窪昌章明治時代漢方医

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android