コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤圭介 いとうけいすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤圭介
いとうけいすけ

[生]享和3(1803).1.27. 名古屋
[没]1901.1.20. 東京
博物学者,医師。名は舜民または清民,字は戴堯のちに圭介。初め西山左仲といったが,父の生家を継いで伊藤と改めた。本草を水谷豊文に学び,文政3 (1820) 年に医業を開く。のち藤林普山,吉雄常三に蘭学を学び,同 10年長崎で P.シーボルト師事。その際にもらった C.P.トゥーンベリの"Flora Japonica"を訳して同 12年『泰西本草名疏』と題して出版。付録で C.リンネの植物分類体系を日本に初めて紹介した。また,種痘の紹介や普及に尽力し,兵書の訳述にもたずさわり,薬園も開設した。藩医として昇進して慶応1 (65) 年に奥医師見習となったが,政府の要請で明治3 (70) 年上京,文部省助教として大学に出仕した。 1877年東京大学理学部員外教授,80年小石川植物園担当,81~86年東京大学教授を歴任。 79年東京学士会院会員に選ばれ,86年日本最初の理学博士となる。著書は『小石川植物園草木図説』『錦か翁耋筵誌』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いとう‐けいすけ【伊藤圭介】

[1803~1901]幕末・明治の植物学者。愛知の生まれ。東大教授。日本初の理学博士。シーボルトに師事。リンネの植物分類法を紹介する「泰西本草名疏」を著し日本の近代植物学の先駆をなす。著「救荒食物便覧」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

伊藤圭介【いとうけいすけ】

幕末・明治の植物学者。名古屋に生まれ,医学,本草学などを学び医を業としたが,長崎に遊学,シーボルトの教えを受け,植物学を研究。《泰西本草名疏》(1829年)を著し,リンネの植物分類法などを紹介。
→関連項目田中芳男

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤圭介 いとう-けいすけ

1803-1901 江戸後期-明治時代の植物学者,蘭方医。
享和3年1月27日生まれ。大河内存真(おおこうち-そんしん)の弟。水谷豊文(とよぶみ)に本草学を,藤林普山に蘭学をまなぶ。長崎のシーボルトにも師事。文政12年「泰西本草名疏(そ)」を刊行,リンネの植物分類法をはじめて紹介。弘化(こうか)4年名古屋藩医となる。明治14年東京大学教授。21年日本最初の理学博士。明治34年1月20日死去。99歳。尾張(おわり)名古屋出身。本姓は西山。名は舜民,清民。号は錦窠(きんか)。著作に「小石川植物園草木図説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いとうけいすけ【伊藤圭介】

1803‐1901(享和3‐明治34)
幕末・明治期の蘭方医,植物学者。名は舜民,清民,幼名は左仲,字は圭介,戴尭(たいぎよう)。通称圭介,号は錦窠(きんか),花繞書屋,十二花楼という。名古屋呉服町の医者西山玄道の次男。のち,父の旧姓伊藤に復する。本草を水谷豊文,蘭学を藤林泰助吉雄常三野村立栄に学ぶ。1827年(文政10)長崎でシーボルトに学ぶ。名古屋の本草家の同好会嘗百社(しようひやくしや)の研究活動の中心となる。著書《泰西本草名疏》4巻3冊(1829)は,シーボルトからもらったC.P.ツンベリーの《日本植物誌Flora Japonica》(1784)の学名に和名を付したものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いとうけいすけ【伊藤圭介】

1803~1901) 幕末・明治の博物学者。名古屋生まれ。東大教授。シーボルトにまなび、ツンベルクの「日本植物誌」により「泰西本草名疏」二巻を著す。その付録でリンネ分類を日本に初めて紹介。著「日本産物誌」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤圭介
いとうけいすけ
(1803―1901)

日本の近代植物学の先駆。名古屋の医家に生まれ、幼時、本草(ほんぞう)学者の水谷豊文(ほうぶん)(1779―1833)に博物学を学んだ。初め家業を継いでいたが、1826年(文政9)長崎から江戸に上るシーボルトを水谷豊文らとともに熱田に迎えて会見し影響を受けた。翌年江戸に出て宇田川榕菴(うだがわようあん)に接し採集をともにしたのち、長崎にシーボルトを訪れ、ツンベルク著の『日本植物誌』Flora Japonicaを与えられ、以後、医業のかたわらこの書の研究に没頭し、これを基礎とし、リンネの植物分類式を訳出して付録とした『泰西本草名疏(たいせいほんぞうめいそ)』2巻を著した。これは日本への近代植物分類学の初の紹介である。医家としては種痘を広めた功績がある。またしばしば博物会を開催し、『救荒食物便覧』(1837)を著し、知識の普及に努めた。1877年(明治10)東京大学理学部員外教授に選ばれ、1881年教授となる。その前年スウェーデン王立学士院から銀牌(ぎんぱい)を贈られ、1888年学位制制定とともに初の理学博士となった。[佐藤七郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伊藤圭介の関連キーワードシーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold)伊藤 篤太郎田中 芳男伊藤篤太郎ツンベルクトウガラシ大窪昌章植学啓原賀来飛霞戸塚静海千村峒陽柳川春三岡田正堅瀬木君耕上田帯刀石黒済庵柳河春三丹波修治鈴木容蔵鳴滝塾

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android