コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奏者番 そうじゃばん

6件 の用語解説(奏者番の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奏者番
そうじゃばん

江戸幕府の職名。大名旗本が将軍に謁見するとき,姓名や進物を披露し,下賜物を伝達する取次ぎの役で,城主の格式をもつ譜代大名がつとめるのをたてまえとした。寛永9 (1632) 年設置。万治1 (58) 年以後寺社奉行が兼ねた。別に将軍世子に対して同じ職務を行う西丸奏者番があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうしゃ‐ばん【奏者番】

江戸幕府の職名。大名旗本が年始・五節句などに将軍に謁見するとき、その姓名の言上、進物の披露、将軍からの下賜品の伝達などをつかさどった。奏者役。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

奏者番【そうしゃばん】

江戸幕府の職名。略して奏者とも。幕府の典礼をつかさどり,大名等が年始・節供・叙任などで将軍に謁見する時,姓名の奏上,進物の披露,下賜品の伝達などを担当。家格1万石以上の譜代大名から20〜30名が任じられ,交代で勤めた。
→関連項目大岡忠相日記所司代奏者土浦藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうしゃばん【奏者番】

江戸幕府の職制。君側にあって諸事を取り次ぐ人,またその役を奏者といい,室町幕府では申次衆のことをいった。織田氏,豊臣氏,開幕以前の徳川氏も奏者の役を置いた。江戸幕府における初任は,1603年(慶長8)徳川家康に召され室町幕府の礼法を伝えた本郷信富といわれる。《当代記》によると08年ごろ,永井直勝石川忠総遠山利景西尾忠永,城昌茂らが奏者番として諸方よりの献上物を披露している。その後しだいに制度化され,万石以上より20~30人を任命。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうしゃばん【奏者番】

武家で、取り次ぎに当たる役。申し次ぎ。
江戸幕府の職名。年始・五節句などに将軍に謁する大名の取り次ぎをしたり、御三家や大名の上使をつとめた。一万石以上の家格の者を任命した。奏者役。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奏者番
そうじゃばん

江戸幕府の職名。慶長(けいちょう)年間(1596~1615)の創置。員数20~30人(諸大夫(しょだいぶ)、芙蓉間(ふようのま)詰)。万石以上の譜代(ふだい)大名のなかから補任(ぶにん)された。大名、旗本などが年始、五節供、朔望(さくぼう)などに将軍に拝謁するとき、その姓名や進物(しんもつ)を披露(ひろう)し、将軍の下賜品を伝達した。また御三家(ごさんけ)および諸大名家へ上使を勤めることがあった。当番、助(すけ)番、非番などがあり、交替で勤めた。言語怜悧(れいり)、英邁(えいまい)の人物でなくては勤まらぬ役職といわれ、1658年(万治1)以降寺社奉行(ぶぎょう)(定員4人)はこのうちから兼帯することを例とした。譜代大名はここを振り出しに、寺社奉行を経て若年寄や大坂城代、京都所司代(しょしだい)あるいは老中などの重職へと上った。1862年(文久2)廃止。職掌は詰衆、詰衆並(なみ)、寺社奉行、大目付、目付、進物番、高家(こうけ)などに分属した。翌年再置。[北原章男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone