コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大泉荘 おおいずみのしょう

百科事典マイペディアの解説

大泉荘【おおいずみのしょう】

出羽国田川郡の荘園。現山形県鶴岡(つるおか)市東半部から隣接する東田川郡北西部にかけた広い地域にわたったとみられる。長講堂(ちょうこうどう)領。年貢は砂金100両と馬2疋であったが,15世紀初頭までには国絹200疋の代納となっていた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の大泉荘の言及

【鶴岡[市]】より

…江戸時代は〈つるがおか〉と読み,鶴ヶ岡とも書いた。旧名を大宝寺といい,《義経記》に大梵寺とあるのがその初見で,大泉荘の中心集落であった。鎌倉初期から大泉荘の地頭武藤氏が居城を置いた。…

※「大泉荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大泉荘の関連キーワード鶴岡(市)山形(県)西馬音内城庄内平野上杉憲顕鶴岡市念珠関地頭庄内

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android