コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大泉荘 おおいずみのしょう

1件 の用語解説(大泉荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大泉荘【おおいずみのしょう】

出羽国田川郡の荘園。現山形県鶴岡(つるおか)市東半部から隣接する東田川郡北西部にかけた広い地域にわたったとみられる。長講堂(ちょうこうどう)領。年貢は砂金100両と馬2疋であったが,15世紀初頭までには国絹200疋の代納となっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の大泉荘の言及

【鶴岡[市]】より

…江戸時代は〈つるがおか〉と読み,鶴ヶ岡とも書いた。旧名を大宝寺といい,《義経記》に大梵寺とあるのがその初見で,大泉荘の中心集落であった。鎌倉初期から大泉荘の地頭武藤氏が居城を置いた。…

※「大泉荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone