コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤氏 むとううじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武藤氏
むとううじ

藤原氏秀郷流。頼平のとき武藤氏を称する。頼平は源頼朝の挙兵に参陣し,のち武者所に補せられた。武藤とは,武者所である藤原氏の意であるという。子資頼は,大宰少弐鎮西奉行に任じられ筑前国に下り,子孫は北九州諸国の守護職を兼ね,鎌倉時代中期の経資の頃より少弐氏を称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むとううじ【武藤氏】

中世,北九州の有力武士。本貫地は武蔵国。平家の家人であったが,源頼朝の挙兵の際,武藤資頼(すけより)が馳せ参じ,以後頼朝側近の武士として重用され,九州に下向して大宰少弐,筑前,豊前,肥前,対馬,壱岐各国守護に任命され,鎌倉幕府の鎮西統治の推進に貢献した。代々大宰少弐を世襲したところから,鎌倉時代末期には少弐氏を名のるようになった。モンゴル襲来の際は,大友氏島津氏とともに鎮西武士を率いて防戦に当たった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の武藤氏の言及

【大宝寺氏】より

…1189年(文治5)頼平の長子資頼が長講堂領出羽国大泉庄の地頭に補任,ついで次男氏平が地頭職を継承し,大泉庄を名字の地とする出羽国御家人大泉氏となり,南北朝期に大泉長盛が大泉庄大宝寺(大梵寺,大梵字,大法寺)の地に城郭を構え,大宝寺氏を称した,という。以後も大泉氏・武藤氏を併称。室町初期に大泉庄地頭上杉氏の配下にあったが,やがて京都扶持衆(ふちしゆう)の地位を得て,出羽国有力国人の位置を保った。…

【筑前国】より

…【倉住 靖彦】
【中世】

[鎌倉時代]
 鎌倉幕府が成立すると,伊豆国御家人天野遠景が鎮西奉行として大宰府に派遣された。遠景の解任後,武藤資頼が大宰府の現地最高責任者および筑前・肥前の守護として大宰府に下向し,資頼のあと当国守護職は資能,経資,盛経,貞経と代々武藤氏(少弐氏)によって世襲された。資能から経資の代には2度にわたるモンゴル襲来をうけ,博多湾沿岸が主戦場となった。…

【鎮西探題】より

…探題の下には,裁判裁決の迅速・公正をはかるために裁判事務を行う評定衆,引付(ひきつけ)衆,引付奉行人などの職員が置かれ,その機構は1300年(正安2)7月ごろ急速に整備された。評定衆は北条氏一族,武藤氏,大友氏,島津氏のような守護級の御家人(ごけにん),渋谷氏,戸次(べつき)氏,安芸氏などそれに準ずる有力御家人,関東系の法律専門家によって構成され,その大部分が引付衆を兼任した。引付衆,引付奉行人は三番に分かれ,おのおの10人前後の職員がいた。…

【鎮西奉行】より

…87年末には義経探索の目的もあって貴海島(鬼界ヶ島)の追討を企てたが鎮西御家人は協力せず,93年(建久4)から95年の間に遠景は解任された。遠景ののち鎮西奉行が廃絶したか連続したかについては,遠景で廃絶したという説,武藤氏(少弐氏)を遠景の後任とする説,武藤資頼,中原親能を遠景の後任とし,武藤氏,大友氏の両奉行によって世襲されたという説があり,定説をみていない。鎮西談議所鎮西探題【佐伯 弘次】。…

※「武藤氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

武藤氏の関連キーワード日本のおもな城山形(県)三川[町]鶴岡(市)懐良親王観音寺城鶴ヶ岡城岩門合戦今川了俊朝日山城亀ヶ崎城大友義鑑小国城跡大宝寺氏本庄繁長対馬国出羽国鶴岡市鮭延城高楯城

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武藤氏の関連情報