コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤氏 むとううじ

2件 の用語解説(武藤氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武藤氏
むとううじ

藤原氏秀郷流。頼平のとき武藤氏を称する。頼平は源頼朝の挙兵に参陣し,のち武者所に補せられた。武藤とは,武者所である藤原氏の意であるという。子資頼は,大宰少弐鎮西奉行に任じられ筑前国に下り,子孫は北九州諸国の守護職を兼ね,鎌倉時代中期の経資の頃より少弐氏を称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むとううじ【武藤氏】

中世,北九州の有力武士。本貫地は武蔵国。平家の家人であったが,源頼朝の挙兵の際,武藤資頼(すけより)が馳せ参じ,以後頼朝側近の武士として重用され,九州に下向して大宰少弐,筑前,豊前,肥前,対馬,壱岐各国守護に任命され,鎌倉幕府の鎮西統治の推進に貢献した。代々大宰少弐を世襲したところから,鎌倉時代末期には少弐氏を名のるようになった。モンゴル襲来の際は,大友氏,島津氏とともに鎮西武士を率いて防戦に当たった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の武藤氏の言及

【大宝寺氏】より

…1189年(文治5)頼平の長子資頼が長講堂領出羽国大泉庄の地頭に補任,ついで次男氏平が地頭職を継承し,大泉庄を名字の地とする出羽国御家人大泉氏となり,南北朝期に大泉長盛が大泉庄大宝寺(大梵寺,大梵字,大法寺)の地に城郭を構え,大宝寺氏を称した,という。以後も大泉氏・武藤氏を併称。室町初期に大泉庄地頭上杉氏の配下にあったが,やがて京都扶持衆(ふちしゆう)の地位を得て,出羽国有力国人の位置を保った。…

【筑前国】より

…【倉住 靖彦】
【中世】

[鎌倉時代]
 鎌倉幕府が成立すると,伊豆国御家人天野遠景が鎮西奉行として大宰府に派遣された。遠景の解任後,武藤資頼が大宰府の現地最高責任者および筑前・肥前の守護として大宰府に下向し,資頼のあと当国守護職は資能,経資,盛経,貞経と代々武藤氏(少弐氏)によって世襲された。資能から経資の代には2度にわたるモンゴル襲来をうけ,博多湾沿岸が主戦場となった。…

【鎮西探題】より

…探題の下には,裁判裁決の迅速・公正をはかるために裁判事務を行う評定衆,引付(ひきつけ)衆,引付奉行人などの職員が置かれ,その機構は1300年(正安2)7月ごろ急速に整備された。評定衆は北条氏一族,武藤氏,大友氏,島津氏のような守護級の御家人(ごけにん),渋谷氏,戸次(べつき)氏,安芸氏などそれに準ずる有力御家人,関東系の法律専門家によって構成され,その大部分が引付衆を兼任した。引付衆,引付奉行人は三番に分かれ,おのおの10人前後の職員がいた。…

【鎮西奉行】より

…87年末には義経探索の目的もあって貴海島(鬼界ヶ島)の追討を企てたが鎮西御家人は協力せず,93年(建久4)から95年の間に遠景は解任された。遠景ののち鎮西奉行が廃絶したか連続したかについては,遠景で廃絶したという説,武藤氏(少弐氏)を遠景の後任とする説,武藤資頼,中原親能を遠景の後任とし,武藤氏,大友氏の両奉行によって世襲されたという説があり,定説をみていない。鎮西談議所鎮西探題【佐伯 弘次】。…

※「武藤氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武藤氏の関連情報