コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大深度地下開発 だいしんどちかかいはつdeep subterranean development

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大深度地下開発
だいしんどちかかいはつ
deep subterranean development

ジオフロント開発ともいう。地下 50mより深い地中で道路や鉄道などを開発整備することをいう。一般に,この大深度地下は土地所有者などの通常の利用が行われない空間とみなされるため,地上では整備がむずかしい帯状・線状に連続する道路や鉄道,供給処理・情報通信施設などの公共施設の開発に適しているといえる。このような地下空間の利用計画は,大都市の地価高騰や,シールド工法,地下連続壁工法など土木技術の進歩を背景として 1980年代後半に浮上し脚光を浴び,研究が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大深度地下開発の関連キーワードジオフロント開発地下街奥村組

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android