コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大滝大川県立自然公園 おおたきだいせんけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大滝大川県立自然公園
おおたきだいせんけんりつしぜんこうえん

香川県南部,徳島県との県境をなす讃岐山脈中央部に広がる自然公園。高松市まんのう町に属する。大滝山 (946m) から県内最高峰の竜王山 (1060m) を経て滝の奥峠にいたる地域と,大川山 (1043m) を中心とする地域からなる。面積 23.63km2。 1992年指定。大滝山にはブナの,大川山にはイヌシデ自然林が残り,昆虫や野鳥が数多く生息する。八峰川の竜王滝と小橋滝,明神川の美霞洞渓谷,三頭越の乳房地蔵など名所も多い。キャンプ場など各種施設が整備されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大滝大川県立自然公園の関連キーワード健康ふれあいの里まんのう(町)琴南塩江

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android