コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大滝山(読み)おおたきやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大滝山
おおたきやま

香川,徳島両県の境にある讃岐山脈中部の山。標高 946m。早壮年期末期の山地で,山頂に狭い浸食平坦面 (メサ) が残存。和泉層群の砂岩泥岩互層から成る。山頂付近に県下唯一のブナ林があり,アカマツ林が広い。イワオモダカ,コウヤシロガネソウなどの希少植物,クロコノマ,アサギマダラなど希少昆虫の多産地。鳥類も多く,付近には県民いこいの森やキャンプ場などの施設があり,北麓塩江温泉がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大滝山の関連情報