コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

讃岐山脈 さぬきさんみゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

讃岐山脈
さぬきさんみゃく

香川県徳島県の県境をなす傾動地塊。通称阿讃山地。南麓を中央構造線の大断層が切って急斜面となり,北部が緩傾斜面となっている。北部には基盤の花崗岩類が露出し,鮮新世から更新世の礫層を載せる山麓の緩斜面が続く。山体の大部分は上部白亜系の和泉層群の礫岩砂岩泥岩互層で,選択浸食によるケスタ状の尾根や谷底低地が続く。山頂部に狭い浸食平坦面が残る早壮年期末期の山地。最高点は竜王山の 1060m。香川県の貴重な水源地であり,希少動植物の生育地としても重要。古来,阿波と讃岐を結ぶ大坂,相栗,曼陀など多くの峠があり,大坂峠を JR高徳線,猪鼻峠を JR土讃線と国道32号線がトンネルで抜けるほか,国道11号線,193号線,318号線,438号線などが山脈をこえて香川県と徳島県を結んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

讃岐山脈【さぬきさんみゃく】

香川・徳島両県境にある山脈。中央構造線の内側をほぼ東西に走る地塁山地で,長さ約100km,おもに白亜紀の和泉砂岩,ケツ岩からなる。南側は吉野川の谷,北側は花コウ岩の丘陵地に接する。
→関連項目香川[県]さぬき[市]讃岐平野塩江[町]徳島[県]土成[町]長尾[町]三木[町]三野[町]美馬[町]三好[町]山本[町]脇[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さぬきさんみゃく【讃岐山脈】

香川県の南部を占め,徳島との県境に沿ってほぼ東西に走る山脈。その主分水嶺は阿波と讃岐の境界をなすので,阿讃(あさん)山地とも呼ばれる。南縁は中央構造線の断層,北縁も数条の断層によって画され,不完全地塁山地をなす。西日本内帯に属するが,山脈の北側の丘陵が,中国山地と同様,花コウ岩からなるのに対し,讃岐山脈の山体は,水成岩の上部白亜系の和泉層群からなり,レキ岩,砂岩,ケツ岩の互層をなしている。また地形的には,山頂部に平たん面を残す早壮年期の山容を呈すなど,外帯の性格を帯びている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔香川県(徳島県)〕讃岐山脈(さぬきさんみゃく)


四国の北東部、香川・徳島両県境を東西に走る山脈。長さ約90km。最高峰は中央部の竜王(りゅうおう)山(標高1060m)。阿讃(あさん)山地とも。北に讃岐平野が広がり、南は急傾斜して中央構造線に沿う吉野(よしの)川の谷に落ちる。猪ノ鼻(いのはな)峠・大坂越(おおさかごえ)などの峠は古くからの重要な交通路

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

讃岐山脈
さぬきさんみゃく

四国地方北東部の香川県と徳島県の境界を東西に連なる山脈。阿讃(あさん)山地ともよばれる。山脈の最高峰は中央部にある竜王山(1060メートル)で、ここから東・西に向かってしだいに高度を減じている。おもな山に大川山(だいせんざん)(1043メートル)、大滝山(946メートル)、雲辺寺(うんぺんじ)山(927メートル)がある。この地域には中生代白亜紀の砂岩と頁岩(けつがん)の互層からなる和泉(いずみ)層群が広く分布し、南麓(なんろく)には中央構造線が、北麓にはいくつかの衝上(しょうじょう)断層がみられる。山脈は早壮年期の地形を示し、山頂の一部には平坦(へいたん)面を残し、V字谷が発達する。山脈の北側斜面に比べて急傾斜をなしている南側斜面では、吉野川の支流である曽江谷(そえだに)川、日開谷(ひがいだに)川などの急流河川が流下し、開析の進んだ隆起扇状地が発達する。一方、山脈の北側斜面では、財田(さいた)川、土器(どき)川、香東(こうとう)川などがその源を発し、放射状をなして讃岐平野を流下する。ここでは細長い谷が山稜(さんりょう)と同じ方向に発達するが、これはもろい頁岩や泥岩の地層が侵食を受け、比較的固い砂岩の地層が残されてできた差別侵食による地形と考えられている。曼陀(まんだ)峠、猪鼻(いのはな)峠、真鈴(ますず)峠、三頭越(さんとうごえ)、相栗(あいぐり)峠、大坂峠などは讃岐山脈を南北に結ぶ古くからの重要な峠で、現在もJR土讃線、高徳線、国道11号、32号、193号などの主要交通路が香川県と徳島県を結んでいる。北側斜面には内場(ないば)池をはじめ多くの貯水池が築かれ、塩江(しおのえ)・美霞洞(みかど)温泉などがある。[新見 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の讃岐山脈の言及

【香川[県]】より

讃岐国
[おだやかな自然風土]
 香川県の地形は南から北へ,山地部,平野部,島嶼部の三つに大きく分けられる。南部の山地は阿波と讃岐の境をなす讃岐山脈で,早壮年期のおだやかな山容を示し,最高峰の竜王山(1060m)を中心に大滝山,雲辺寺山などの高峰が東西に並ぶ。この山脈は和泉層群という水成岩からなる地塁で,徳島県側の南麓には中央構造線の大断層が横切っている。…

※「讃岐山脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

讃岐山脈の関連キーワード奥宮川内谷県立自然公園大滝大川県立自然公園土柱高越県立自然公園大麻山県立自然公園さぬき[市]大野原[町]上板[町]阿波[町]山本[町]香南[町]琴南[町]三好[町]満濃[町]香川[町]綾上[町]市場[町]三木[町]三野[町]諭鶴羽山地仲南[町]

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

讃岐山脈の関連情報