コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大無間山 だいむけんざん

1件 の用語解説(大無間山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいむけんざん【大無間山】

〈だいむげんざん〉とも呼ぶ。静岡県中北部,赤石山脈最南部の光(てかり)岳から南東にのびる山稜に位置する山。標高2329m。井川ダムの背後にそびえる堂々とした山塊で,北東に小無間(しようむけん)山(2150m)も控えている。赤石山脈の主脈から離れ,名前が知られているわりには,登山者が少ない。頂上に天祖三神がまつられている。針葉樹林におおわれた山体は,肩を張り雄大であるが,北斜面から流下する明神谷およびその支流に比べて,南斜面の関ノ沢本谷,田代沢の浸食力が強く,斜面上部に多数の崩壊地を形成して,急峻な壮年期山地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大無間山の関連キーワード静岡県立大学見参減算ざざんざざざんざ節ざんざん芝山原発性無月経無絃徳韶羅山元磨

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大無間山の関連情報