コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大無間山 だいむけんざん

世界大百科事典 第2版の解説

だいむけんざん【大無間山】

〈だいむげんざん〉とも呼ぶ。静岡県中北部,赤石山脈最南部の光(てかり)岳から南東にのびる山稜に位置する山。標高2329m。井川ダムの背後にそびえる堂々とした山塊で,北東に小無間(しようむけん)山(2150m)も控えている。赤石山脈の主脈から離れ,名前が知られているわりには,登山者が少ない。頂上に天祖三神がまつられている。針葉樹林におおわれた山体は,肩を張り雄大であるが,北斜面から流下する明神谷およびその支流に比べて,南斜面の関ノ沢本谷,田代沢の浸食力が強く,斜面上部に多数の崩壊地を形成して,急峻な壮年期山地となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android