コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤石山脈 あかいしさんみゃく

7件 の用語解説(赤石山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤石山脈
あかいしさんみゃく

南アルプスともいう。長野県と山梨・静岡県との境に南北に延びる山脈。東は前山の巨摩山地を経て釜無川甲府盆地に限られ,西は前山の伊那山地を経て伊那盆地に限られる。北部には駒ヶ岳鳳凰三山などがそびえ,また最高峰の北岳 (3192m) と間 (あい) ノ岳,農鳥岳白根三山がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あかいし‐さんみゃく【赤石山脈】

山梨・長野・静岡の3県にまたがり南北に走る山脈。最高峰は北岳で、標高3193メートル南アルプス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

赤石山脈【あかいしさんみゃく】

山梨,長野,静岡3県にまたがる地塊山地。南アルプスと呼ばれる。北と東を糸魚川(いといがわ)・静岡構造線,西を中央構造線で区切られる楔形(くさびがた)をなし,中央は古生層,西は変成岩,東は第三紀層からなり,北岳塩見岳赤石岳聖岳(ひじりだけ)など3000m以上の高峰がそびえる。
→関連項目掛川[市]駒ヶ岳(山梨・長野)静岡[県]白根三山秩父山地光岳長野[県]農鳥岳白州[町]浜北[市]早川[町]鳳凰山本川根[町]水窪[町]身延山地山梨[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あかいしさんみゃく【赤石山脈】

南アルプスまたは南アともいう。平面形は,北部にある杖突峠(1247m)付近を頂点とする三角状地(南北延長約130km,東西の幅最大約60km)に見えるため,〈赤石楔状地(せつじようち)〉と呼ばれることもある。北緯35゜~36゜付近に位置し,静岡・山梨・長野の3県にまたがって北北東~南南西に延びている。東側にある急斜面は,フォッサマグナ低地帯に臨み,西部は中央構造線(杖突峠~水窪(みさくぼ)),赤石裂線(水窪~二俣)で限られ,南部は東海地方沿岸部に向かって低下している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あかいしさんみゃく【赤石山脈】

山梨・長野・静岡の三県にまたがる山脈。日本第二の高峰北岳(3192メートル)をはじめとし、3000メートルを超える諸峰が南北に連なり、南アルプス国立公園を形成する。南アルプス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕赤石山脈(あかいしさんみゃく)


長野・山梨・静岡の3県境付近を南北に走る山脈。日本第2の高峰である北(きた)岳(標高3193m)と間ノ(あいの)岳・農鳥(のうとり)岳の白根(しらね)三山を中心に、その北に仙丈ヶ(せんじょうが)岳・駒ヶ(こまが)岳(甲斐駒ヶ岳)、北東に鳳凰(ほうおう)三山、南に塩見(しおみ)岳・荒川(あらかわ)岳・赤石岳と続き、標高3000m級の高峰が連なる。南北約110km・東西約40kmの広さをもち、南アルプスともいう。東はフォッサマグナの西縁をなし、西は中央構造線の東端線で限られる。河川が縦谷を形成、山腹は急傾斜をなす。仙丈ヶ岳などの山頂には氷河地形のカール(圏谷(けんこく))が残る。中央高地南部に位置するため、山脈南部では森林限界が標高2700mと高い。ブナ・モミ・トウヒなどの森林が深く、高山植物も200種を数える。稜線は南アルプス国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤石山脈
あかいしさんみゃく

山梨、長野、静岡3県の県境に広がる大起伏山地。南北約120キロメートル、東西約40キロメートル。南アルプスともいう。東を富士川、西を天竜川により限られる。山地は、ほぼ南北に走る数条の山系よりなり、地質構造上は西南日本外帯に属す。北部の鳳凰(ほうおう)山、甲斐駒(かいこま)ヶ岳などの花崗(かこう)岩地帯を除き、中・古生代の堆積(たいせき)岩ないしその変成岩からなる褶曲(しゅうきょく)構造を示す。南北に走る山地には、仙丈(せんじょう)ヶ岳、北岳、間(あい)ノ岳、農鳥(のうとり)岳、塩見岳、荒川岳、赤石岳、聖(ひじり)岳など標高3000メートル以上が10座近くあり、とくに北岳(3193メートル)は日本第二の高峰である。また、2500メートル以上は30余座に及ぶ。この山地から流下する河川には富士川、安倍(あべ)川、大井川、天竜川などの主要な河川が含まれ、いずれも急流である。山地内の谷壁は急傾斜で、地質との関係で崩壊も多い。山頂付近に圏谷(けんこく)(カール)地形を残す山もあり、お花畑も多いが、日本の高山としては南部に位置するため、その出現高度は、たとえばハイマツの下限は2500メートル付近と高くなっている。豊富な自然と優れた景観により南アルプス国立公園に指定されている。その山地は、大山地のためアプローチが長く、かつ森林帯の登高が厳しく、前山山地内の集落の産業をも含め、開発は遅れていた。それゆえに自然の残る山地としての魅力がある。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤石山脈の関連キーワード神流川谷町筋身延山地矢作川あびこ筋あべの筋今里筋城北筋なにわ筋東洞院通り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤石山脈の関連情報