大犬陰嚢(読み)オオイヌノフグリ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大犬陰嚢 (オオイヌノフグリ・オオイヌフグリ)

学名:Veronica persica
植物。ゴマノハグサ科の二年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐いぬふぐり おほ‥【大犬陰嚢】

〘名〙 ゴマノハグサ科の越年草。ヨーロッパ原産で、明治初期に渡来した帰化植物。今では、路傍、空地、畑などに普通に生える。長さ三〇センチメートル内外で、茎は根元で枝分かれし、地をはって四方に伸びる。葉は対生し卵形で、早春、葉腋(ようえき)に長い柄のある、るり色の小さな花をつける。おおいぬのふぐり。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android