コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大相国寺 だいしょうこくじ

世界の観光地名がわかる事典の解説

だいしょうこくじ【大相国寺】

中国の河南(かなん)省の開封市中心部にある、中国の有名な仏教寺院の一つ。北斉時代初期の、555年に建てられた。当初は「建国寺」と呼ばれ、712年、唐の睿宗(えいそう)が相王から皇位に昇りつめたことを記念して「大相国寺」と名づけた。現在は天王殿や大雄宝殿、八角瑠璃殿、蔵経楼などが残されており、八角瑠璃殿の中には高さ7mの大木で彫刻された千手千眼観音像があり、古代木彫り芸術の傑作といわれている。1992年以後、仏教活動が復活し、鐘楼(しょうろう)や鼓楼などが再建されて、鐘楼には清時代に作られた大鐘が現在も保存されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

大相国寺の関連キーワード大雄宝殿高文進皇位睿宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android