鼓楼(読み)コロウ

  • くろう
  • 鼓楼 gǔ lóu

世界大百科事典 第2版の解説

中国の都市の中央部に設けられた楼閣で,中につるされた太鼓をうって標準時刻を知らせた。その付近に鐘楼もあるのが普通で,宋代の初め洛陽の宮城の前面東南隅に鼓楼,西南隅に鐘楼を設けたのが起源かといわれ,近世中国都市のシンボルのようになった。仏寺では古くから鼓楼と鐘楼とを併置したようであるが,後世ほとんどの神廟や道観なども境内にこの2建築をおく習慣となっている。【日比野 丈夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「く」は「鼓」の呉音) 時を告げる太鼓をつるした楼。古くは鐘楼に相対して建てられた。ころう。
※尺素往来(1439‐64)「衆寮并諸寮舎、摠門。脇門。鐘楼。鼓楼(クろう)
〘名〙 寺院で、時刻を告げるための太鼓をかけておく楼閣。古くは、鐘楼に相対して建てられた。くろう。
※俳諧・雑談集(1692)下「当日の位牌くり出す月の朝〈渓石〉 萱の皷楼の苔に聞えて〈楊水〉」 〔南斉書‐五行志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鼓楼の言及

【鐘楼】より

…宗教建築や都城にあり,時刻や緊急情報などを知らせるため鐘を設置した建物。太鼓を置いたものは鼓楼という。高層とされることが多く,重い鐘を支える補強の構造をもつ。…

※「鼓楼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android