コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石団蔵 おおいし だんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石団蔵 おおいし-だんぞう

1833-1896 幕末-明治時代の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。土佐高知藩の郷士。京都で春日潜庵(せんあん)にまなぶ。土佐勤王党にくわわり,文久2年那須信吾らとともに藩参政の吉田東洋を殺害。のち鹿児島藩士奈良原繁の養子となり,高見弥一郎と改名。イギリス留学後,鹿児島の造士館などでおしえた。明治29年2月28日死去。64歳。名は祐之。変名は安藤勇之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大石団蔵の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android