コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石団蔵 おおいし だんぞう

1件 の用語解説(大石団蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石団蔵 おおいし-だんぞう

1833-1896 幕末-明治時代の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。土佐高知藩の郷士。京都で春日潜庵(せんあん)にまなぶ。土佐勤王党にくわわり,文久2年那須信吾らとともに藩参政の吉田東洋を殺害。のち鹿児島藩士奈良原繁の養子となり,高見弥一郎と改名。イギリス留学後,鹿児島の造士館などでおしえた。明治29年2月28日死去。64歳。名は祐之。変名は安藤勇之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大石団蔵の関連キーワード赤石行三池田安正犬塚盛巍沢田直温鈴木大多久茂族立野寛友安盛敏福地常彰藤井介石

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone