コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石秀典 おおいし しゅうてん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石秀典 おおいし-しゅうてん

1903-1996 昭和-平成時代の宗教家。
明治36年9月24日生まれ。東京の世田谷中学,青葉高女などの教諭をつとめ,昭和5年水野弘元と「国訳一切経」所収の「阿毘曇心論(あびどんしんろん)」「雑(ぞう)阿毘曇心論」を訳す。26年新日本宗教団体連合会の初代事務局長,のち専務理事をへて事務総長。平成8年10月22日死去。93歳。福岡県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大石秀典の関連キーワード宗教家

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android