コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石鳳兮 おおいし ほうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石鳳兮 おおいし-ほうけい

1790-1837 江戸時代後期の武士,歴史家。
寛政2年生まれ。肥後熊本藩士。郡代をつとめ,天保(てんぽう)2年に天守方目付となる。肥後の歴史書,伝記,戦記などを調査し,「肥後古記集覧」にまとめた。天保8年8月2日死去。48歳。本姓は魚住。名は長竜,真麿。字(あざな)は潜夫。通称は十郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大石鳳兮の関連キーワードゲーテ産業革命史(年表)山田屋大助せっけん光の科学史ヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳梅暮里谷峨ヨーゼフ