コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大納屋おさつ おおなや おさつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大納屋おさつ おおなや-おさつ

?-1802 江戸時代中期-後期の女性。
紀伊(きい)湯浅(和歌山県)の人。力持ちで,常陸(ひたち)(茨城県)飯貝根(いがいね)でイワシ漁船の水手(かこ)をしていたが,下総(しもうさ)外川(とかわ)(千葉県)の網元大納屋次郎右衛門の後妻となる。不漁がつづいた安永3年,故郷の紀州にかえる夫に置き去りにされ,精神異常となる。漁師たちに迷惑がられ,享和2年3月8日大桶にいれられて沖に流されたとも,生き埋めにされたともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大納屋おさつの関連キーワード紀伊

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android