コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外川 とがわ

2件 の用語解説(外川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外川
とがわ

千葉県北東端,銚子市犬吠埼の南部にある漁業集落。明暦2 (1656) 年紀州の崎山次郎衛門が築港と町割りを行い,紀州の漁民を来住させて開村。「外川千軒大繁昌」といわれたように,イワシ漁で繁栄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外川
とがわ

千葉県北東部、銚子(ちょうし)半島南端にある銚子市の一地区。江戸初期、紀州の崎山次郎右衛門(じろうえもん)がこの地に外川港を築港し、のちに碁盤目状の計画的町割を行った。イワシ漁が開発され、紀州から多くの漁民と干鰯(ほしか)商人が集まって「外川千軒大繁盛」とよばれるほどに活況を呈したが、明治以後、イワシ漁が不振で衰退した。現在は漁港が整備されて沖合漁業が盛んである。碁盤目状の町割は貴重で、市の文化財に指定されている。JR総武(そうぶ)本線銚子駅から外川まで銚子電気鉄道が通じている。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外川の関連情報