コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大網白里市 おおあみしらさと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大網白里〔市〕
おおあみしらさと

千葉県中部,太平洋に面する市。両総台地九十九里平野との接線上に発達。1954年大網町,白里町の 2町と増穂村が合体して大網白里町が成立。2013年市制。中心地区の大網は,JR外房線と東金線交点にあり,大網街道と銚子街道も交差する地方交通の中心地で,千葉市への通勤者が増え,宅地化が進んだ。かつては 3と 8の日に市が開かれ,海岸部ではイワシ漁業が盛んであった。夏季には海水浴場が開かれる。海岸一帯は九十九里県立自然公園に属する。面積 58.08km2。人口 4万9184(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおあみしらさと‐し〔おほあみしらさと‐〕【大網白里市】

大網白里

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大網白里市の関連キーワード大網白里市の要覧大網白里(市)太古の恵み房総丘陵九十九里大網藩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大網白里市の関連情報