コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九十九里平野 くじゅうくりへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九十九里平野
くじゅうくりへいや

千葉県北東部,西は下総台地に接し,東は九十九里浜をもって太平洋に面する海岸平野。南北に延びる三日月形で,約 12kmの最大幅をもつ。南北に連なる8列の砂丘列は,砂丘上は森林,畑地,砂丘の間は低地で水田となっている。砂質土壌で用水の便に乏しく,干害地帯であったが,1965年利根川より引水する両総用水が完成し,トマトキュウリなどの施設園芸が盛んとなった。平野一帯ではマキの植木栽培が行われる

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くじゅうくり‐へいや〔クジフクリ‐〕【九十九里平野】

千葉県東部、太平洋に臨む海岸平野。北の刑部(ぎょうぶ)岬から南の太東崎(たいとうざき)間約60キロメートル、幅6~10キロメートルにわたって続く広大な地域。砂丘列と低湿地からなり、園芸農業が盛ん。九十九里浜平野

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕九十九里平野(くじゅうくりへいや)


千葉県東部、九十九里浜に沿って細長く延びる海岸平野。背後は両総(りょうそう)台地東端の急崖(きゅうがい)が迫る。南北約60km、幅7~10km。十余の砂丘列とその間の低湿地からなる。小河川が流れるが、灌漑(かんがい)能力は小さく、砂丘列に阻まれて排水も悪い。大利根(おおとね)用水・両総用水の完成で利根川の水が安定供給され、稲作が発展。近年はトマト・スイカなどの施設園芸も盛ん。南西部では天然ガスを産出。九十九里浜平野とも。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九十九里平野
くじゅうくりへいや

千葉県中東部、太平洋に臨む広大な海岸平野。九十九里浜とこれに並行する下総(しもうさ)台地末端の崖(がけ)に挟まれた平野で、九十九里浜平野ともいう。平野の幅は約7~10キロメートル、長さは60キロメートル、海岸線に並ぶ十数列の砂丘列があり、砂丘の間に低湿地が点在する。下総台地から流れ出る小河川は多いが、いずれも排水が悪く、また干害常襲地域でもあって水田農民は苦しめられてきた。1951年(昭和26)に平野北部に大利根(おおとね)用水が引かれ、1965年には平野の中南部に両総(りょうそう)用水が完成して、いずれも利根川の水が安定して供給されるようになり、米どころともなっている。北部の旭(あさひ)市付近は近世に椿海(つばきのうみ)が干拓されて「干潟八万石」という水田地帯となった。現在、平野全域にキュウリ、トマトなどの園芸農業が盛んであり、北部ではマキの植木生産や養豚に特色がある。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

九十九里平野の関連情報