コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大羽 オオバネ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ばね〔おほ‐〕【大羽】

鳥の羽毛のうち、綿羽(めんう)でなく、皮膚に植わっている羽軸に沿って羽枝が密生している羽。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおば【大羽】

マイワシの大形のもの。

おおばね【大羽】

鳥類の羽毛のうち、細かい綿毛ではなく、大きくてしっかりした羽軸をもつ羽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大羽の言及

【イワシ(鰯∥鰮)】より

…体側に明りょうな7個程度の黒点のあることからナナツボシとも呼ばれている。また,大きさによっても呼名が変わり,白くまだ半透明の35mm以下の稚魚をシラス,35~45mmの幼魚のものをカエリまたはアオコ,体長6cm以下のものを小イワシ,6~11cmのものを小羽(こば)またはコベラ,11~16cmのものを中羽(ちゆうば),16cm以上を大羽(おおば)という。それぞれ利用方法に大きな違いがあるため,また,人々の身近で親しまれてきたためこのように細かく呼び分けられてきた。…

※「大羽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大羽の関連キーワードパラミタミュージアムブロイラー(若鶏)益子県立自然公園ベニバナボロギク因幡の菖蒲綱引きブクリョウサイ久保太郎右衛門ブクリュウサイセンボンヤリジロカステルシュコーデルアナウンサー北辰一刀流アリンドウ岩美(町)宇都宮公綱宇都宮朝綱エルバサン大葉枝皇子フロイト

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大羽の関連情報