コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大股 オオマタ

デジタル大辞泉の解説

おお‐また〔おほ‐〕【大股】

両足を広く開くこと。歩幅の広いこと。「大股を広げる」「大股で歩く」⇔小股(こまた)
相撲のきまり手の一。出し投げを打ったあと、相手が外側の足を出したとき、その足を内股からすくうように抱えて仰向けに倒す技。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおまた【大股】

両足を広く開くこと。
歩くときの歩幅が広いこと。 ⇔ 小股 「 -で歩く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大股の関連キーワード高知県高岡郡中土佐町大野見大股ティラノサウルス大歩危・小歩危プロヴォークウオーキングいじかり股澁澤龍彦決り手髄芽腫ジルバ気仙川八文字小股歩幅禹歩

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大股の関連情報