コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大胡聿蔵 だいご いつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大胡聿蔵 だいご-いつぞう

1822-1865 幕末の武士。
文政5年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。天狗(てんぐ)党の乱で松平頼徳(よりのり)にしたがって那珂湊(なかみなと)でたたかったが降伏し,古河(こが)藩に禁固され元治(げんじ)2年4月5日切腹した。44歳。名は資敬。変名は菊地清兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大胡聿蔵の関連キーワード宇田川榕菴藩学一覧南北戦争フォーレアメリカ合衆国史(年表)ベートーベングラントボードイン治宮ミュラー

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android