コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大腹皮 だいふくひ

1件 の用語解説(大腹皮の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

だいふくひ【大腹皮】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ヤシ科ビンロウの果皮を乾燥したもの。利尿止瀉(ししゃ)健胃整腸などの作用がある。夏風邪(かぜ)、食欲不振、下痢嘔吐(おうと)に効く藿香正気散(かっこうしょうきさん)などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大腹皮の関連キーワード漢方薬烏薬薬酒酒薬草根木皮草薬方薬和薬処方薬伝統薬

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone