コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大船の オオブネノ

デジタル大辞泉の解説

おおぶね‐の〔おほぶね‐〕【大船の】

[枕]
船の泊まる所の意から、「津」「渡り」にかかる。
「―津守(つもり)が占(うら)に告(の)らむとは」〈・一〇九〉
大船のゆったりとしたさま、または、揺れ動くところから、「ゆた」「ゆくらゆくら」「たゆたふ」にかかる。
「―ゆくらゆくらに面影に」〈・四二二〇〉
大船を頼りにするところから、「たのむ」「思ひたのむ」にかかる。
「―たのめる時に」〈・六一九〉
船を操る楫取(かじと)りと音が似ているところから、地名「香取」にかかる。
「―香取の海に碇(いかり)下ろし」〈・二四三六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおぶねの【大船の】

( 枕詞 )
大船の停泊する津、大船の楫取かとりなどから「津守」「渡わたりの山」「香取」などにかかる。 「 -津守が占うらに告らむとは/万葉集 109」 「 -香取の海にいかりおろし/万葉集 2436
大船が信頼しうる意から「たのむ」「思ひたのむ」にかかる。 「 -思ひ頼みし君がいなば/万葉集 550
大船がゆれるさまから、またゆったりしているさまから「たゆとう」「ゆた」「ゆくらゆくら」などにかかる。 「 -ゆたのたゆたに物思ふころぞ/古今 恋一

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大船のの関連キーワードおもな枕詞とかかり方ゆくらゆくら旅順港口閉塞日置川[町]番匠 義彰高峰三枝子オキクルミ愛染かつら鎌倉(市)高階 哲夫佐田 啓二徳大寺 伸日守 新一自動化船弓削皇子田村正和原 保美安宅丸千石船万葉集

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大船のの関連情報