津守(読み)ツモリ

デジタル大辞泉の解説

つ‐もり【津守】

津を守る人。港を守る番人
「住吉(すみのえ)の―網引(あびき)の浮けの緒の浮かれか行かむ恋ひつつあらずは」〈・二六四六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つもり【津守】

津を守る人。港の番人。 「住吉すみのえの-網引あびきの浮けの緒の/万葉集 2646

つもり【津守】

大阪市西成区の地名。古くは住吉辺りの大阪湾東岸一帯をさした。⦅歌枕⦆ 「神代より-の浦に宮居してへぬらむ年の限りしらずも/千載 神祇

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つ‐もり【津守】

[1] 〘名〙 港を守る人。津を守る番人。
※万葉(8C後)一一・二六四六「住吉の津守(つもり)網引きのうけの緒の浮かれかゆかむ恋ひつつあらずは」
[2]
[一] 大阪市西成区の地名。また、古くは広く木津川東岸をさした。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
[二] 大阪府堺市南旅籠町東(旧南高須町)にあった遊里。乳守(ちもり)
※歌謡・松の葉(1703)二・あだ枕「阿波座(あわざ)新町越後町、一夜二夜の堺のつもり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津守の関連情報