コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大船C遺跡 おおふなしーいせき/おおふなCいせき

知恵蔵の解説

大船C遺跡

北海道函館市で1996年に見つかった、約5000年前(縄文時代中期)の大集落遺跡。長さ9m、深さ2.4mもある「地下式」ともいえる巨大な竪穴住居など92棟を始め、蒸し焼きにして食べた残りらしいクジラの骨、マグロオットセイなどの骨約2000点が出土した。木の実をすりつぶす石皿青竜刀形石器など豊富な遺物もあり、注目されている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大船C遺跡の関連キーワード北海道函館市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android