コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大草求玄 おおくさ きゅうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大草求玄 おおくさ-きゅうげん

1779-1842* 江戸時代後期の砲術家。
安永8年生まれ。肥前唐津(からつ)(佐賀県)の人。求玄流砲術の祖。森重靱負(ゆきえ)に師事し,合武三島(ごうぶさんとう)流の兵法と砲術をおさめる。文化7年から諸国をめぐり,会津(あいづ),熊本,甲府などで砲術をつたえた。天保(てんぽう)12年12月死去。63歳。本姓は坂口。名は政義。通称は庄兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大草求玄の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)産業革命史(年表)ゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)後桃園天皇カージャール朝ティチングブロンホフ後桃園天皇平賀源内

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android