大葉水蝋(読み)おおばいぼた

精選版 日本国語大辞典「大葉水蝋」の解説

おおば‐いぼた おほば‥【大葉水蝋】

〘名〙 モクセイ科の半常緑性の低木。関東以西の海岸林などに生える。は高さ三メートルくらいになり、よく分かれする。葉は対生で長さ四~一〇センチメートル、幅二~五センチメートルの広卵形で、質厚く、光沢がある。初夏、枝の先端が四裂した筒状白色の小花を密集してつける。果実球形紫黒色に熟す。こねずみもち。よめのつづら

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android