大衆雑誌(読み)タイシュウザッシ

精選版 日本国語大辞典の解説

たいしゅう‐ざっし【大衆雑誌】

〘名〙 一般大衆を平均的読者層とする雑誌。一般大衆の興味や関心事を中心とした雑誌。
※生活の探求(1937‐38)〈島木健作〉二「大衆雑誌から、高級と云はれる綜合雑誌まで取りまぜであった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大衆雑誌の言及

【雑誌】より

…しかし,日華事変から第2次世界大戦にかけて,内容や資材についての統制が強化され,その過程で時局を論ずることを主とする雑誌には〈総合雑誌〉という日本独特の官製呼称が与えられた。
[大衆雑誌と女性雑誌の出現]
 産業革命と都市化の進行によって,安い読物をもとめる新しい読者層が生まれ,大部数を競う娯楽雑誌が登場した。イギリスでは《ペニー・マガジンPenny Magazine》(1832‐46),《ペニー・サイクロペディアPenny Cyclopaedia》(1833)などの競争に続いて《チェンバーズ・ジャーナルChamber’s Journal》が1845年に発行部数9万部に達した。…

※「大衆雑誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android