コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大衆雑誌 タイシュウザッシ

世界大百科事典内の大衆雑誌の言及

【雑誌】より

…しかし,日華事変から第2次世界大戦にかけて,内容や資材についての統制が強化され,その過程で時局を論ずることを主とする雑誌には〈総合雑誌〉という日本独特の官製呼称が与えられた。
[大衆雑誌と女性雑誌の出現]
 産業革命と都市化の進行によって,安い読物をもとめる新しい読者層が生まれ,大部数を競う娯楽雑誌が登場した。イギリスでは《ペニー・マガジンPenny Magazine》(1832‐46),《ペニー・サイクロペディアPenny Cyclopaedia》(1833)などの競争に続いて《チェンバーズ・ジャーナルChamber’s Journal》が1845年に発行部数9万部に達した。…

※「大衆雑誌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大衆雑誌の関連キーワードフィッツジェラルド(Francis Scott Key Fitzgerald)文芸倶楽部・文芸俱楽部・文藝倶楽部・文藝俱楽部サムイル アリョーシンアレン ジョーンズマックレーカーズパルプマガジンパオロッツィドライサー子供の広場佐藤 義亮高橋 敬美和田 芳恵小島政二郎林 房雄通俗小説野間清治望月 茂早乙女貢高畠華宵キング

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android