コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷光照 おおたに こうしょう

美術人名辞典の解説

大谷光照

浄土真宗の僧。西本願寺二十三世。法号勝如。東大卒。昭和52年(1977)退隠し、長男光真が継職した。平成14年(2002)寂、90才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷光照 おおたに-こうしょう

1911-2002 昭和-平成時代の僧。
明治44年11月1日生まれ。大谷光明の長男。昭和2年伯父大谷光瑞の跡をついで,浄土真宗本願寺派23世門主となる。戦後は宗門の改革をすすめ,海外布教にもつとめた。全日本仏教会会長に3度就任。45年の世界宗教者平和会議京都大会では名誉総裁。平成14年6月14日死去。90歳。京都出身。東京帝大卒。法名は勝如。号は紫水。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大谷光照の関連キーワード山本 晃紹

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android