コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝如 しょうにょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝如 しょうにょ

781-867 平安時代前期の僧。
天応元年4月5日生まれ。摂津豊島郡(大阪府)弥勒(みろく)寺(勝尾寺)の証道に師事して顕密二教をまなぶ。ある夜,播磨(はりま)(兵庫県)賀古(かこ)の教信(きょうしん)があらわれて自身の往生をつげ,明年同月同日に勝如が往生すると予告した。この予告のとおり,貞観(じょうがん)9年8月15日死去した。87歳。摂津豊島郡出身。俗姓は時原。法名証如ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

勝如の関連キーワード大谷光照陸軍奉行勝興寺南光坊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝如の関連情報