コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷旧旅 おおたに きゅうりょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷旧旅 おおたに-きゅうりょ

1649-1700 江戸時代前期の僧,俳人。
慶安2年7月1日生まれ。真宗大谷派。越前(えちぜん)(福井県)の本瑞寺,河内(かわち)(大阪府)の大信寺住職をへて,延宝7年東本願寺の16世法主(ほっす)。俳諧(はいかい)に長じ,榎本其角らとも親交があった。作品は北村季吟(きぎん)の「続山井」「十会集」などにおさめられている。元禄(げんろく)13年4月12日死去。52歳。京都出身。幼名は利与丸。名は光海。法号に一如,愚山。俳号は別に何云,洋々子など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大谷旧旅の関連キーワードクレメンス11世ラマッツィニチャールズチャールズサベジチャールズ1世木下長嘯子ウィンスロップクロムウェル(Oliver Cromwell)サルマシウス

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone