大象鼻虫(読み)オオゾウムシ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大象鼻虫 (オオゾウムシ)

学名:Hyposipalus gigas
動物。オサゾウムシ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐ぞうむし おほザウむし【大象鼻虫】

〘名〙 オサゾウムシ科の甲虫。体長一二~二四ミリメートルの日本で最も大きいゾウムシ。地色は黒で、灰褐色の粉でおおわれ、上ばねには黒い斑が散在する。夏、広葉樹倒木樹液に集まる。産卵は樹皮にされ、幼虫はマツ、ヒノキ、サクラ、ブナなどを食害。各地にふつうに見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android