コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大貫晶川 おおぬき しょうせん

1件 の用語解説(大貫晶川の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大貫晶川 おおぬき-しょうせん

1887-1912 明治-大正時代の詩人,小説家。
明治20年2月23日生まれ。岡本かの子の兄。東京府立第一中学時代,同級の谷崎潤一郎と影響しあう。明治39年新詩社にはいり,小説「お須磨」などを発表。43年第2次「新思潮」の創刊にくわわる。大正元年11月2日死去。26歳。死後,訳書ツルゲーネフ「煙(スモオク)」が刊行された。神奈川県出身。東京帝大卒。本名は雪之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大貫晶川の言及

【岡本かの子】より

…生家の大貫家は代々幕府および諸藩の御用達を業とした豪商。兄大貫晶川(しようせん)は一高時代から谷崎潤一郎と親交があり,《明星》に寄稿し,谷崎らと第2次《新思潮》を刊行した文学者。かの子は兄の影響をうけ,《明星》に新体詩や和歌を発表,《スバル》の同人にもなった。…

※「大貫晶川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大貫晶川の関連キーワード平井晩村矢土勝之今井白楊加藤一夫佐藤嘲花沢ゆき棚夏針手平木白星前田漾子大正時代美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone