コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大貫晶川 おおぬき しょうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大貫晶川 おおぬき-しょうせん

1887-1912 明治-大正時代の詩人,小説家。
明治20年2月23日生まれ。岡本かの子の兄。東京府立第一中学時代,同級の谷崎潤一郎と影響しあう。明治39年新詩社にはいり,小説「お須磨」などを発表。43年第2次「新思潮」の創刊にくわわる。大正元年11月2日死去。26歳。死後,訳書ツルゲーネフ「煙(スモオク)」が刊行された。神奈川県出身。東京帝大卒。本名は雪之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大貫晶川の言及

【岡本かの子】より

…生家の大貫家は代々幕府および諸藩の御用達を業とした豪商。兄大貫晶川(しようせん)は一高時代から谷崎潤一郎と親交があり,《明星》に寄稿し,谷崎らと第2次《新思潮》を刊行した文学者。かの子は兄の影響をうけ,《明星》に新体詩や和歌を発表,《スバル》の同人にもなった。…

※「大貫晶川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大貫晶川の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門光の科学史[各個指定]芸能部門新教育レーニン白瀬矗東京芸術大学120周年国民之友雑誌

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android