コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大越史記 だいえつしき Dai Viêt Suky

1件 の用語解説(大越史記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大越史記
だいえつしき
Dai Viêt Suky

ベトナムの最初の歴史書。レ・バン・キウ (黎文休) 編。 13世紀末成立。南越王趙佗 (ちょうだ) から陳朝の聖宗 (在位 1258~78) までの朝廷の事業を記す。編者は陳朝の太宗の歴史官。のちファン・フ・ティエン (潘孚先) が『大越史記続編』 (15世紀) を編み,15世紀末にゴ・シ・リエン (呉士連) が前2書を参考にして『大越史記全書』を編んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大越史記の関連キーワードベトコンベトナム独立同盟会史書グッドモーニング,ベトナムベトナム共和国川本邦衛ダイコベトベトナム陶磁器レ・バン・ズエトレ・ホアン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone