コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖宗 せいそう

世界大百科事典 第2版の解説

せいそう【聖宗 Shèng zōng】

971‐1031
中国,遼第6代の皇帝。在位982‐1031年。耶律隆緒(やりつりゆうちよ)。第5代景宗の長子。生母は睿知(えいち)皇后(承天皇太后)。12歳で即位,20余年間母后の後見のもとで,耶律隆運(やりつりゆううん),耶律斜軫(やりつしやしん),耶律休哥(やりつきゆうか)らの補佐をうけて国力の充実をはかり,遼の極盛期を現出した。外に対しては,まず東北地方の女真族,安定国,朝鮮半島の高麗を下し,西方では党項(タングート)族の西夏と結び,西域のウイグル諸国を朝貢させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖宗
せいそう
(971―1031)

中国、遼(りょう)の第6代皇帝(在位982~1031)。姓は耶律(やりつ)、諱(いみな)は隆緒。字(あざな)は文殊奴。第5代皇帝景宗の長子として生まれる。12歳で即位し、耶律隆運らの補佐を得て内政を改革し、外に対してはタタールを服属させ、女真(じょしん)、高麗(こうらい)に遠征軍を送り、西夏(せいか)と婚姻を結び、ウイグルを朝貢させるなどして、北アジア諸民族との外交関係の安定化を図ったのち、1004年宋(そう)国に親征し、(せんしゅう)(せんえん))に迫り、宋の真宗の親征する軍と戦った。和議の結果、(1)宋は毎年、絹20万匹、銀10万両を遼に送る。(2)国境付近の現状維持など、遼に有利な条約を結んだ(淵の盟)。この宋からの莫大(ばくだい)な貢物は100余年間遼に送られ、遼の財政を豊かにし、経済界に刺激を与え、産業文化の発展を促し、聖宗、興宗、道宗と3代にわたる最盛期の基礎を築いた。慶州(内モンゴル自治区)の慶雲山の永慶陵は彼の陵墓である。[河内良弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の聖宗の言及

【慶陵】より

…東陵と西陵は中室,後室,副室ともに平面円形で天井を半球形に築いているが,現在は水がたまっている中陵の各室は平面八角形と報告されている。聖宗(在位982‐1031)の永慶陵(東陵)は後室を除く全面がしっくいで塗り固められ,そこに極彩色の壁画が描かれていた。中室を除く壙道から中室北通廊までの壁面には文武百官,男女の等身大の肖像画がきわめて写実的に描きわけられている。…

※「聖宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

聖宗の関連キーワード大越(ベトナムの国号)ディーネ・イラーヒー李朝[ベトナム]金(中国の王朝)李朝(ベトナム)【せん】淵の盟真宗(皇帝)慶州(中国)大越史記全書澶淵の盟約黎朝刑律アクバルレ朝刑律大越史記澶淵の盟チャンパハノイ奉陵邑白塔子姜邯瓚

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android