コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大足 オオアシ

デジタル大辞泉の解説

おお‐あし〔おほ‐〕【大足】

大きな足。足の裏の広いこと。「ばかの大足
歩幅が大きいこと。おおまた。「大足で歩く」
田下駄(たげた)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおあし【大足】

田植前の代(しろ)踏みや肥料としての稲わらや草を踏むのに用いる田下駄の一種。大きなアシイタ(足板)のなまったものであろう。長さ50~120cmくらいの枠の中央に足をのせる板(足板)があり,端につけた縄を持って上下させ,中桟(なかざん)により土塊を小さくしたり草を田の中へ押し込む。枠型,箱型,輪かんじき型などの種類がある。弥生時代後期の登呂遺跡からも大足の足板が出土しており,当時田植が行われたとする説もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおあし【大足】

[0][1] 大きな足。 「馬鹿の-も厄介だのう/西洋道中膝栗毛 七杉子
[0] 歩幅が広いこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大足
おおあし

田下駄(たげた)の地方名の一種。おもに田の代踏(しろふ)みに用いる枠型で大形の田下駄をさす。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大足の関連キーワードピーター メイヒューアドネ・ル・ロアアドネ・ル・ロアダーズーシーカー西洋道中膝栗毛だいだらぼっち武豊(町)日葉酢媛命パリス父子永泰公主墓石橋徳次郎三教指帰化物問答荷沢神会大足石刻染谷美佳景行天皇阿刀大足磨崖仏水下駄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大足の関連情報