大足(読み)オオアシ

デジタル大辞泉の解説

おお‐あし〔おほ‐〕【大足】

大きな足。足の裏の広いこと。「ばかの大足
歩幅が大きいこと。おおまた。「大足で歩く」
田下駄(たげた)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおあし【大足】

田植前の代(しろ)踏みや肥料としての稲わらや草を踏むのに用いる田下駄の一種。大きなアシイタ(足板)のなまったものであろう。長さ50~120cmくらいの枠の中央に足をのせる板(足板)があり,端につけた縄を持って上下させ,中桟(なかざん)により土塊を小さくしたり草を田の中へ押し込む。枠型,箱型,輪かんじき型などの種類がある。弥生時代後期の登呂遺跡からも大足の足板が出土しており,当時田植が行われたとする説もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおあし【大足】

[0][1] 大きな足。 「馬鹿の-も厄介だのう/西洋道中膝栗毛 七杉子
[0] 歩幅が広いこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大足
おおあし

田下駄(たげた)の地方名の一種。おもに田の代踏(しろふ)みに用いる枠型で大形の田下駄をさす。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐あし おほ‥【大足】

〘名〙
① 大きな足。特に、足の裏が広いこと。
西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一四「馬鹿の大足(オホアシ)も厄介だのう」
② 大きな歩幅で歩くこと。大また。
※羅葡日辞書(1595)「vôaxini(ヲウアシニ) アヨム モノ」
③ (「足」は足駄をいう) 泥田で用いる板製の大きな足駄。田下駄。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大足の関連情報