コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大足 オオアシ

4件 の用語解説(大足の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おお‐あし〔おほ‐〕【大足】

大きな足。足の裏の広いこと。「ばかの大足
歩幅が大きいこと。おおまた。「大足で歩く」
田下駄(たげた)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおあし【大足】

田植前の代(しろ)踏みや肥料としての稲わらや草を踏むのに用いる田下駄の一種。大きなアシイタ(足板)のなまったものであろう。長さ50~120cmくらいの枠の中央に足をのせる板(足板)があり,端につけた縄を持って上下させ,中桟(なかざん)により土塊を小さくしたり草を田の中へ押し込む。枠型,箱型,輪かんじき型などの種類がある。弥生時代後期の登呂遺跡からも大足の足板が出土しており,当時田植が行われたとする説もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおあし【大足】

[0][1] 大きな足。 「馬鹿の-も厄介だのう/西洋道中膝栗毛 七杉子
[0] 歩幅が広いこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大足
おおあし

田下駄(たげた)の地方名の一種。おもに田の代踏(しろふ)みに用いる枠型で大形の田下駄をさす。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大足の関連キーワード刈敷稲藁身の代金荒代朳摺り植物性肥料代掻き踏肥水産飼肥料わら(藁)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大足の関連情報