コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田下駄 たげた

6件 の用語解説(田下駄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田下駄
たげた

農具の一種。水田の作業に着用するはきもので,地方によって,おおあし,なんば,かんじきなどと呼ばれる稲刈りなどの際に湿田にはまらないために用いるものと,田植えなど泥湿地に入るために用いるものの2種に大別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

た‐げた【田下駄】

水田の作業時に使用する木製・大形の履物。深田にはまらないためにはくものと、代(しろ)踏みに使われるものとがある。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田下駄【たげた】

泥湿地や水田で使用する木製の履物(はきもの)の総称。原始的な板型のものは登呂などの弥生(やよい)時代の遺跡からも出土している。現在は輪【かんじき】(わかんじき)型,足駄型など多くの型に分化。
→関連項目【かんじき】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たげた【田下駄】

深田や湿地,葦原などに入り,作業をするときに用いる大型の下駄(イラスト)。代踏みには大きな枠型や箱型の大足(おおあし)と呼ぶ田下駄を用い,深田の稲刈りや湿地の草刈りには板型の〈なんば〉,輪かんじき型のかんじきのほか,下駄型,台型の田下駄が用いられた。弥生時代立屋敷遺跡(福岡県遠賀郡水巻町)からは歯のない下駄型が,同後期の登呂遺跡(静岡市)や山木遺跡(静岡県田方郡韮山町)からは大足の足板や板型の〈なんば〉,下駄型の田下駄が出土している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たげた【田下駄】

深田や泥田で農作業をするときに、体が沈むのを防ぐために履く下駄状の履物。水下駄。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田下駄
たげた

水田の作業に着用される履き物。稲刈りなどの際、湿田にはまらぬために履く田下駄と、苗代や田植前の本田(ほんでん)の代踏(しろふ)みに使われる大足(おおあし)の2種に大別される。前者はナンバ、カンジキ、ヤチゲタなどの名でよばれ、長方形の大きい板を縦長または横長に使う型のほか、木の枝を曲げた丸い枠や板を組んだ枠に下駄を取り付けた型、竹や木を簾(すだれ)状に編んだ型などがある。後者は広くオオアシの名でよばれ、細長い大きな下駄を木の枠に取り付け、取り縄を持って操作し、田面をまんべんなく歩いて泥を細かく練り、緑肥や稲株を泥中に踏み込み、代の表面を調整するのに用いられる。2種の田下駄の別はすでに弥生(やよい)時代にみられ、その起源の古いことが察せられる。大足は年の初めに豊穣(ほうじょう)を祈る予祝行事のなかでも用いられ、1192年(建久3)編の『皇大神宮年中行事』に記され、中世に起源をもつとみられる各地の田遊びでその所作がなされている。水田の代踏みには、大足を用いるほか、人の素足による「素踏み」、馬による「踏ませ」があり、東南アジアに広がる踏耕(とうこう)との関連が注目される。[木下 忠]
『潮田鉄雄『田下駄の変遷』(『民具論集I』所収・1969・慶友社) ▽木下忠著『日本農耕技術の起源と伝統』(1985・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田下駄の言及

【下駄】より

…歯のある台木に鼻緒や端棒(はなぼう)をつけたはきもの(イラスト)。弥生時代後期の登呂遺跡から下駄状の木製品が出土しているが,芦刈りや稲の穂摘みにはいた田下駄であろう。古墳時代になると大陸から下駄が伝えられ,地方豪族の墓などから前穴の内側へ寄った二枚歯の下駄が出土しており,当時は権威の象徴として用いられた。…

※「田下駄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田下駄の関連キーワード深田湿生植物操業田鷸田蓑水下駄葦原蟹針藺作業着ブルボネ・ポインター

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田下駄の関連情報