大里(読み)おおざと

  • 沖縄県

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖縄県沖縄本島南部、島尻(しまじり)郡にあった旧村名(大里村(そん))。現在は南城市(なんじょうし)の北西部を占める地域。方音ウフサト。旧大里村は1949年(昭和24)与那原(よなばる)町を分離。2006年(平成18)玉城(たまぐすく)村、知念(ちねん)村、佐敷(さしき)町と合併、市制施行して南城市となった。旧村域の東側に、南北に走る新期石灰岩の大里台地があるほかは小起伏の地形で、糸満(いとまん)市と与那原町を結ぶ県道が中央部を走る。14世紀、三山分立時代、南山正統の2代目承察度(しょうさっと)の叔父汪英紫(おうえいし)は、馬天(ばてん)港を修築し、対明(みん)貿易を行い、大里を発展させたが、中山(ちゅうざん)の尚巴志(しょうはし)に滅ぼされた。第二次世界大戦前からの純農村。稲嶺(いなみね)、平良(たいら)地区は南アメリカへの移民が多い。現在、サトウキビを主幹作物として、畜産や野菜生産も盛ん。三山時代の南山系の大里城跡がある。また14世紀ころの城主であった大城按司(あんじ)の墓が県の文化財となっている。[堂前亮平]
『『大里村史 通史編』『大里村史 資料編』(1982・大里村) ▽『大里村史 移民本編』『大里村史 移民資料編』(2003・大里村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大里の関連情報