コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉城 たまぐすく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉城
たまぐすく

沖縄県南城市南部の旧村域。沖縄島南部の東海岸にある。2006年知念村,佐敷町,大里村と合体して南城市となる。全般的に丘陵性で表土が浅く,北東部は高い石灰岩台地が占める。南部の海岸から約 150m離れた位置に奥武島が浮かぶ。サトウキビ栽培のほか,畜産も行なわれる。隣接する知念とともに琉球民俗発祥の地といわれ,百名の「受水走水(うきんじゅはいんじゅ)」の聖泉と「御穂田(みふーだ)」の聖田は稲作発祥の地として伝えられる。標高 180m付近の石灰岩台地に構築された糸数城跡玉城城跡(ともに国の史跡),垣花城跡は,按司時代の遺跡である。日本の代表的石灰洞鍾乳洞)の一つ玉泉洞や,新原(みーばる),百名,奥武などのビーチがあり,観光客が多く訪れる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たまぐすく【玉城】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉城
たまぐすく

沖縄県島尻(しまじり)郡にあった旧村名(玉城村(そん))。現在は南城(なんじょう)市の南部を占める。2006年(平成18)佐敷(さしき)町、知念(ちねん)村、大里(おおざと)村と合併、市制施行して南城市となった。旧村域は沖縄本島南端部に位置し、北東部は琉球(りゅうきゅう)石灰岩からなる高台で、南の海岸線に向かって緩傾斜し、西部は丘陵性の起伏に富んだ地形をなしている。国道331号が台地の下の村落を縫って走る。東隣の知念地区とともに琉球開闢(かいびゃく)にかかわる神話や聖地が多い。百名(ひゃくな)には稲作発祥地の伝説のある「受水(うきんじゅ)・走水(はいんじゅ)」の聖泉と、「御穂田(みふだ)」の聖田がある。第二次世界大戦前は純農村で、戦後一時、アメリカ民政府が置かれた。現在は、サトウキビを基幹作物とする農業が産業の中心で、近年、野菜、花卉(かき)栽培や、酪農も盛んである。また、奥武(おう)島では沿岸漁業が行われている。最古の歴史をもつ玉城城跡や糸数(いとかず)城跡(いずれも国指定史跡)などの旧跡が多くあるほか、大鍾乳洞(しょうにゅうどう)の玉泉洞(ぎょくせんどう)を中心としたテーマパーク「おきなわワールド―文化王国・玉泉洞」がつくられ、新しい観光地となっている。[堂前亮平]
『金城繁正編『玉城村誌』(1977・玉城村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

玉城の関連情報