コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野氏 おおのうじ

世界大百科事典 第2版の解説

おおのうじ【大野氏】

豊後大神姓5氏(高智保,阿南,稙田,大野,臼杵)の一つ。豊後国大野郡大野郷(現,大分県大野郡大野町,朝地町)を本貫の地とした。大野氏の祖大神惟基を蛇神姥嶽(高千穂)大明神の子とする神婚譚をもつが,出自については宇佐大神氏の豊後への進出説と,大和大神(おおみわ)氏の豊後への土着説とがある。前者は宇佐八幡の神官家大神氏が11世紀に,宇佐氏に追われて豊後に進出したとし,後者は豊後介大神良臣の子庶幾(これちか)が大野郡大領として土着したのに始まるとする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大野氏の関連キーワード大野荘(大分)久万高原(町)豊後大野(市)吉田長淑白井亨大野荘朝日氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大野氏の関連情報