コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼杵 ウスキ

大辞林 第三版の解説

うすき【臼杵】

大分県東部、臼杵湾奥にある市。戦国末期、大友氏の築城に始まり、江戸時代は稲葉氏の城下町。商工業が盛ん。ミカン・カボスを栽培。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

臼杵の関連キーワードシュートトルレス毛利隆元エリザベス(1世)三河一向一揆労働者条例宗教改革史(年表)ルネサンス史(年表)カステリヨン加藤嘉明

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臼杵の関連情報