コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野百錬 おおの ひゃくれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野百錬 おおの-ひゃくれん

1864-1941 大正-昭和時代前期の書道家。
元治(げんじ)元年5月20日生まれ。20年余,岐阜県大垣中学でおしえる。大正13年日本書道作振会の結成に参加。昭和5年泰東書道院の理事兼審査員となった。弟子に日比野五鳳。昭和16年2月26日死去。78歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。本名は鉄之助。別号に野鉄。著作に「海鴎遺稿」「昭和法帖」など。
【格言など】筆を用うることなお刀を用うるが如し(信条)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大野百錬の関連キーワード日比野 五鳳書家

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android