大量生産・大量廃棄(読み)たいりょうせいさん・たいりょうはいき

百科事典マイペディアの解説

大量生産・大量廃棄【たいりょうせいさん・たいりょうはいき】

製品の大量の生産および使用後の大量の廃棄。大量生産システムによって市場に出回る製品量が増大した社会では,人々の消費・廃棄の速度も増し,大量消費・大量廃棄が習慣化する。これに対応する形でさらに大量生産が行われているのが現代社会の状況といえる。しかし,大量生産・大量廃棄は有限の資源を使い果たし環境破壊を進行させるため,環境保全型社会の実現へ向けて経済社会のシステムを改める必要性があるとの指摘が強まっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大量生産・大量廃棄の関連情報