コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪大空襲

1件 の用語解説(大阪大空襲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大阪大空襲

大阪の空襲は44年12月に始まり、ピースおおさかによると、府内で約1万5千人が犠牲になった。100機以上の爆撃機による襲来が大阪大空襲(計8回)と呼ばれ、最も被害が甚大だったのは45年3月13~14日の大空襲。約4千人が死亡、約50万人が被災した。2008年に国に損害賠償を求める訴訟が大阪で起こされたが、14年に敗訴が確定。救済法の制定をめざす超党派国会議員連盟は今月8日、法案の骨子作りへ本格的な議論に入る考えを示した。

(2016-03-14 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大阪大空襲の関連キーワード本土空襲宇都宮空襲小田原空襲米軍岩国基地への空母艦載機移転計画空襲被害東京空襲新町遊郭と大阪大空襲千葉空襲10・10(じゅうじゅう)空襲日本本土の初空襲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大阪大空襲の関連情報