大陸封鎖令(読み)たいりくふうされい(英語表記)le Blocus continental

旺文社世界史事典 三訂版「大陸封鎖令」の解説

大陸封鎖令
たいりくふうされい
le Blocus continental

ナポレオン1世がイギリス経済を封鎖するためにベルリンで発した勅令ベルリン勅令とも呼ばれる
1806年,大陸諸国に対して,対英貿易の禁止,イギリス人の逮捕と財産没収,イギリス本国・植民地産商品の没収を命じた。イギリスが自由拿捕 (だほ) を発し,逆封鎖で対抗すると,ナポレオンは翌年ミラノ勅令でイギリスの商港に出入りする船舶の没収を宣言,1810年には密貿易取り締まりを強化した。この勅令により,ナポレオンはフランス商品による大陸の独占的支配をはかったが,これに従った大陸諸国が経済的に窮迫してナポレオンに反発したことで失敗,失脚の原因になった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「大陸封鎖令」の解説

たいりくふうさ‐れい【大陸封鎖令】

ナポレオン一世のイギリスに対する経済封鎖作戦。イギリスに対してヨーロッパ大陸の市場を閉鎖するように命じたもの。一八〇六年のベルリン勅令、これをさらに強化した一八〇七年のミラノ勅令などをさす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android