コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大陸封鎖令 タイリクフウサレイ

2件 の用語解説(大陸封鎖令の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいりくふうさ‐れい【大陸封鎖令】

1806年、フランス皇帝ナポレオン1世が、トラファルガー沖の海戦に敗れた報復としてヨーロッパ大陸諸国と英国との通商断絶を図って出した勅令。ヨーロッパ諸国の経済を窮迫させ、ナポレオンの没落を早めた。ベルリン勅令

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいりくふうされい【大陸封鎖令】

1806年、ナポレオン一世がベルリンでヨーロッパ大陸諸国に発した、イギリスとの通商を禁止する勅令。翌年の勅令(ミラノ勅令)でそれはさらに強化されたが、ロシアの密貿易などを招き失敗。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

大陸封鎖令の関連キーワードナポリ王国フランツ大陸封鎖フランツ[2世]日本の団地榛名神社革命暦加納諸平閑田次筆阮福映

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone