大陸気団(読み)タイリクキダン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大陸気団
たいりくきだん

大陸上で発現する気団で、乾燥しているのが特徴である。発現地の緯度帯によって、寒冷乾燥できわめて安定している大陸性寒帯気団と、高温で乾燥している大陸性熱帯気団とに分類される。日本付近の天候と関係ある大陸気団としては、大陸性寒気団に属するシベリア気団と、大陸性熱帯気団に属する揚子江(ようすこう)気団があげられる。[饒村 曜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たいりく‐きだん【大陸気団】

〘名〙 大陸上に発生する乾燥した気団。寒帯性のものと熱帯性のものがある。〔日本の気候(1948)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android