コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚子江気団 ヨウスコウキダン

6件 の用語解説(揚子江気団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようすこう‐きだん〔ヤウスカウ‐〕【揚子江気団】

春と秋に揚子江流域に現れる気団。移動性高気圧となって日本付近に達し、乾燥した天候をもたらす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

揚子江気団【ようすこうきだん】

揚子江流域以南で形成され,暖かく乾燥している大陸性熱帯気団。春秋に多く現れ,移動性高気圧に伴い大陸方面から日本にくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ようすこうきだん【揚子江気団】

春と秋に大陸からの移動性高気圧の通過に際して日本に訪れる気団を揚子江気団と呼んでいる。この気団の形成地は華中以南やチベット高原などの亜熱帯の乾燥域といわれていて,大陸性熱帯気団に属する。【斎藤 直輔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ようすこうきだん【揚子江気団】

揚子江流域に発現する熱帯大陸性気団。春と秋に移動性高気圧となって日本付近に達し、乾燥した晴天をもたらす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

揚子江気団
ようすこうきだん

長江気団」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

揚子江気団
ようすこうきだん

春や秋に中国の揚子江流域で発現する気団。移動性高気圧となって日本付近に達し、温暖で乾いた天気をもたらし、春など遅霜(おそじも)をおこすことがある。揚子江気団は大陸性熱帯気団とされているが、その多くはモンゴル方面から南下した大陸性寒帯気団がここで変質したものである。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

揚子江気団の関連キーワード秋晴れ移動性高気圧気圧の尾根温暖高気圧凍霜害ブロッキング高気圧ダブル高気圧花曇り移動性高気圧型地形性高気圧

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone